銀座7丁目店

年末年始の営業のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。
年末年始の休業期間について、以下ご案内申し上げます

年末 レストランの営業は30日迄でございます
31日はおせちのお渡しのみ行っております
お渡し時間( 午前9時から午後1時 )

年始 1月2日からの営業でございます

 

千住真理子コンサート ヴァイオリン・コンサート

2017年9月3日(日)
御一人様17000円(税金・サービス料込)

コンサートの入場料と 日本料理フランス料理イタリア料理いずれか一つのコース料理の料金が含まれております。

昼の部:開演13時30分(開場 13時00分)
夜の部:開演17時30分(開場 17時00分)

 

毎月18日は『米食の日』

『米』の字を分解すると『十』と『八』になることから、毎月18日は『米食の日』で、若者の米離れを防ぎ、米の消費を拡大する為の記念日とのことです。

来る6月18日(日)、サンミ本店とサンミ7丁目店では、『米食の日』にちなんで、通常のランチメニューも含め、魚沼産こしひかりをご用意させていただきます。

また、当日は『父の日』でもあります。
ご家族でお出かけの際は、ぜひお気軽にお立ち寄りください。

尚、今後18日は、お米の消費にお役立てるような企画をご案内させて頂きます。

5月28日予約状況のお知らせ

明日5月28日(日)は金子三勇士さんのコンサートを予定しており、既にご予約を多数頂戴しておりますため、本店3店舗(St.Hubertus、香川、EMU)ともに残席がわずかとなっております。
また、7丁目店はコンサート会場となるため、ランチ・ディナーともにご利用いただけません。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、明日は、一度お電話にてお問い合わせの上、ご来店いただきます様にお願い申し上げます。

5月5日(祝) 恒例 銀座柳まつり開催。ランチタイムはぜひ、銀座レストラン サンミで。

毎年恒例、銀座柳まつりが5月5日に開催されます。当日はパレードをはじめ、様々なイベントが行われます。

柳まつりご見学の際のお食事はぜひ、創業41年の老舗、銀座レストラン サンミ本店をご利用ください。日本料理・フランス料理・イタリア料理をお楽しみいただけます。また、ギンザ  シックスお立ち寄りの際にはフランス料理 サンミ7丁目店もご利用ください。

サンミ本店 日本料理 香川

 

サンミ本店 フランス料理 エミュ

 

サンミ本店 イタリア料理 サント・ウベルトス

 

サンミ本店

 

サンミ7丁目店

第46回サンミスペシャルコンサート 5月28日(日)。金子 三勇士 ピアノコンサート開催。

毎回ご好評いただいております、サンミスペシャルコンサート。今回で第46回を迎え、平成28年5月28日(日)に若手新進ピアニスト、金子 三勇士をお招きし「ピアノコンサート」を開催いたします。ただいま、ご予約承りしております。
今回のお料理は、黒毛和牛と瀬戸内海産 海の幸を使いフランス料理・日本料理・イタリア料理それぞれの料理長がお作りする特別メニューをお楽しみいただけます。
お一人様15000円 (税金・サービス料込)

料金には、コンサートの入場料、日本料理・フランス料理・イタリア料理いずれか一つのコース料理が含まれております。

 

 

スクリーンショット 2015-10-27 12.46.04のコピー

銀座レストラン サンミ

銀座レストラン サンミ本店、今年も1階ロビーにお雛様を飾りました。

今年もサンミ本店1階ロビーにお雛様を飾りました。毎年皆様には大変喜んでいただいており、楽しみになさっておられる方も大勢様いらっしゃいます。お気軽にご見学ください。お子様との記念写真もご遠慮なくお撮りください。IMG_8809

 

スクリーンショット 2015-10-27 12.46.04のコピー

銀座レストラン   サンミ本店

銀座レストラン サンミ 日本料理 香川の恵方巻。ご予約承ります。

節分と豆まき・・・・・

節分は、季節の分かれ目で立春・立夏・立秋・立冬の前日を言いますが。節分が立春の前の日を指すようになったのは、冬から春になる時期が新年を迎えるにも等しい大切な節目だったため、室町時代頃より節分と言えば立春の前日だけを指すようになりました。

節分に豆をまくのは、季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えており、新しい年を迎える前に邪気を払い福を呼び込むために、宮中の行事として追儺(ついな)と言う行事が行われるようになり、その行事のひとつ、豆打ちの名残りが豆まきと言われています。

なぜ大豆をまくの・・・・・

大豆は五穀の一つで穀霊が宿ると言われ、お米に次いで神事に用いられてきました。お米より大粒で悪霊を祓うのに最適であり、魔の目(魔目まめ)、魔を滅する(魔滅まめ)にも通じる事です。昔、京都の鞍馬山に鬼が出たときに、毘沙門天のお告げで大豆を鬼の目に投げ退治したと言う伝承もあります。豆まきの豆は炒り豆、生豆は拾い忘れた豆から芽が出てしまうと縁起が悪いとされ、炒るが射るに通じると言われています。 Continue reading