タグ別アーカイブ: 会席

サンミ高松本店 香川 夜のお会席料理のご案内

大事なお食事の お集まりの多い季節となってまいりました

旬の食材をつかった会席料理をご準備致しております

ご接待 大事な方のおもてなしに・・・・

 

月会席8000

 

先付 菊蕪の吹き寄せ  蟹と菊花あんかけ 栗 銀杏 菊菜

椀物 松茸吸 海老真丈 酢立

造り  本鮪 平目 縞鯵 妻物一式

焼物 瀬戸内海産 なしふく 西京漬

温物 秋茄子と里芋の含め煮 揚げ出汁  青葱

強肴 黒毛和牛 特製葱味噌

酢物 奉書巻 彩野菜 土佐酢

食事 松茸ごはん 香の物 味噌汁

水物 柿  梨 栗大福

 

 

雪会席10000円

 

先付 ずわい蟹 菊蕪浸し  栗 菊花 菊菜  柿白和え 紅葉銀杏

椀物 松茸吸 海老真丈 酢立

造り  平目薄造り ポン酢  本鮪  妻物一式

焼物 瀬戸内海産 なしふく 西京漬

温物 秋茄子と里芋の含め煮 揚げ出汁  青葱

強肴 黒毛和牛  サーロイン  特製葱味噌

酢物 奉書巻 彩野菜 土佐酢

食事 松茸ごはん 香の物 味噌汁

水物 季節の果物

 

花会席12000円

 

先付 ずわい蟹 菊蕪浸し   柿の湯葉白和え栗  落鮎甘露煮  紅葉銀杏

椀物 松茸吸 才巻 酢立

造り  伊勢海老  本鮪 平目 妻物一式

焼物 金目鯛若狭焼き

温物 秋茄子と里芋の含め煮 揚げ出汁  青葱

強肴 黒毛和牛  サーロイン  特製葱味噌

酢物 奉書巻 彩野菜 土佐酢

食事 鯛めし 香の物 味噌汁

水物 季節の果物

 

 

 

 

 

 

高松会席15000円

 

先付 柿釜盛り 湯葉白和え

ずわい蟹 菊蕪浸し  唐墨  栗 菊花 菊菜  紅葉銀杏

椀物 松茸吸 才巻 三葉 酢立

造り 伊勢海老  本鮪  縞鯵  妻物一式

焼物 黒毛和牛 フィレ 特製葱味噌

煮物 鮑と雲丹の玉地虫  栗麩 占地 柚子

揚物 松茸の天婦羅 伏見ししとう 藻塩

食事 鯛めし 香の物 味噌汁

水物 季節の果物

 

〇個室の場合別途お部屋代を頂戴致しております

〇サービス料10パーセント 消費税 10パーセント 別途頂戴致しております

〇12000円以上の会席の場合は事前に御予約をお願い致しております

 

期間 10月~11月末日

 

 

和食香川7月8月の季節の会席料理

花会席 御献立(12000円)

先 付  瀬戸内の炙り蛸

水雲とろろ 喰い出汁

前 菜  青利烏賊そうめん

生雲丹 陸蓮根 茗荷 枝豆

鮎甘露煮 トマト蜜煮 唐墨

椀 物  牡丹鱧の清汁仕立

順才 酢立 梅肉

刺 身  伊勢海老 生本鮪

平政 鯛 妻物一式

焼 物  天然鮎の塩焼

はじかみ たで酢 牛蒡

冷や鉢  加茂茄子 南瓜 小芋

海老芝煮 生湯葉あん

強 肴  黒毛和牛サーロイン

特製浅月 季節野菜

酢 物  蒸し鮑

蓮芋 吉野酢

食 事  浜名湖産 鰻

ひつまぶし 赤出汁

水 物  夕張めろん

 

 

 

献立(10000円)

前 菜  青利烏賊そうめん

生うに 陸蓮根 茗荷

鮎甘露煮 トマト蜜煮 唐墨

椀 物  淡路の鱧 葛打ち

順才 酢立 梅肉

刺 身  生本鮪 平政

鯛 妻物一式 山葵

焼 物  本日の瀬戸内鮮魚

冷や鉢  加茂茄子 南瓜 小芋

海老芝煮 生湯葉あん

強 肴  黒毛和牛サーロイン

特製浅月 季節野菜

酢 物  帆立貝焼霜

水雲 とろろ 美味酢

食 事  浜名湖産 鰻

ひつまぶし 赤出汁

水 物  夕張めろん

日本料理 香川

 

 

★3日前までに御予約下さい

★サービス料消費税を別途頂戴しております

★仕入れの関係でメニューがかわることがございます

★完全個室ご希望の場合は別途お部屋代を頂戴致しております

8月和食香川 会席料理のご案内

8月和食香川 会席料理のご案内

花会席御献立  12000円

先 付 鰻冊

前 菜 絹かつぎ 文銭蛸
姫さざえ旨煮 笹子鯛手毬
白だつ利休和え 大根もろみ

御 椀 南瓜擂り流し

造 り 今日の水上げ五種盛り
妻物一式

煮 物 飛龍頭 美味出し餡

焼き物 伊佐木照焼き
あしらい色々

揚げ物 海老真丈
東寺揚げ 獅子唐

強 肴 黒毛和牛フィレステーキ

酢の物 帆立貝 三杯酢

食 事 握り三貫

甘 味 梨のコンポート

○==○==○==○==○==○==○==○==○==○

雪会席御献立  10000円

先 付 鰻冊

前 菜 絹かつぎ 文銭蛸
姫さざえ旨煮 笹子鯛手毬
白だつ利休和え 大根もろみ

御 椀 南瓜擂り流し

造 り 今日の水上げ五種盛り
妻物一式

煮 物 飛龍頭 美味出し餡

焼き物 伊佐木照焼き
あしらい色々

揚げ物 海老真丈
東寺揚げ 獅子唐

強 肴 黒毛和牛サーロインステーキ

酢の物 帆立貝 三杯酢

食 事 煮穴子 棒寿司
香の物 味噌汁

甘 味 梨のコンポート

○==○==○==○==○==○==○==○==○==○

天候仕入れの関係により メニューが異なる場合がございます

サービス料を別途頂戴いたしております

個室の場合は個室料を頂戴いたしておおります

雛祭り、由来を知れば、また楽しい。

雛祭りの由来・・・・

雛祭りは女の子の為の行事、雛人形を飾り健やかな成長と幸せを願いお祝をします。

日本には平安時代を起源とする五節句と言う行事があり、季節の節目に身の穢れを祓い、健康と長寿、厄除けを願う慣わしがありました。雛祭りはこの一つにあたります。

五節句とは・・・・

1月7日の七草がゆ 3月3日の桃の節句 5月5日の端午の節句 7月7日の七夕 9月9日の重陽の節句

雛人形・・・・

雛人形は宮中の婚礼の様子を表現しています。それぞれの人形には役職があり、表情や持ち物も様々です。5段飾りの場合・・・・

最上段 内裏雛

内裏とは、天皇の住まい御所の事、内裏雛は天皇、皇后の姿を表した男雛と女雛。日本古来の並べ方は、左上位の考え方により向かって右に男雛、左に女雛でしたが昭和天皇が国際マナーにのっとり右上位に並ぶようになってからは逆の並び方になりましたが、今でも伝統を重んじる京都などでは日本古来の並べ方です。

2段目 三人官

内裏に仕える女官。中央の女官長はお酒を飲む盃を三方にのせて持ち、結婚しているので眉毛がありません。向かって左の女官は、お酒の入った加え銚子を持ち、口を開いています。右の女官はお酒を注ぐ長柄の銚子を持ち口は閉じています。

3段目 五人囃子

向かって左から太鼓、大鼓、小鼓、笛、謡、それぞれ表情も違っています。

4段目 隋身

内裏様を警護する人達です。向かって左の若者が右大臣、右の髭をはやし、弓矢を持っているのが左大臣です。

5段目 仕丁

宮中で雑用をする人達。怒り上戸、泣き上戸、笑い上戸の三人。三人上戸とも呼ばれています。台傘、沓台、立傘を持ち、出かけ時の様子を表しています。ほうき、ちりとり、熊手を持っている時は宮中を掃除する様子を表しています。

銀座レストラン サンミ本店

 

IMG_8809

今年も1階ロビーに豪華ひな人形を展示いたしております。お気軽にご見学ください。

Continue reading

会席料理と懐石料理読み方は同じでも・・・・。

日本料理の代表格、懐石と会席。同じ読み方でも中身が違います。さて、その違いは・・・・・

会席料理とは。

もともと武士の料理だった本膳料理が宴会料理として発展、お酒を飲みながら楽しむための料理で、懐石料理のような厳格な作法はありません。江戸時代、こうした料理が料理茶屋で出されるようになり、それが発展し今の形になったと言われています。会席の献立形式は吸物・刺身・焼物・煮物・の一汁三菜を基本に、お酒の肴としてお通し(先付)・揚物・蒸し物・和え物・酢の物などが加えられ、最後に御飯と汁物・香の物が出ます。

懐石料理とは。

茶人、千利休が考案したと伝わっています。茶事に出される簡素な料理とされ茶懐石とも言われています。この懐石とは禅に由来し、修行中の禅僧はお昼以外食事を取る事が許されず、寒い夜には石を温めて布に包み、懐に入れ寒さと空腹をしのいだと言われています。この石を懐に抱いた事から懐石の名前の由来とも言われています。懐石料理の献立形式は、飯を主とし、汁・向付・椀盛り・焼物・の一汁三菜が基本、折敷にのせた飯・汁・向付が出され、次に椀盛り・焼物・箸洗い・八寸・香の物・湯桶の順で出されます。この他、一~三種、奨め肴、強肴、預け鉢を出す事もあります。

 

銀座レストラン サンミ本店  日本料理 香川

香川

 

銀座レストラン サンミ 並木通り店

なみき69

 

銀座レストラン サンミ 伊勢佐木町店

伊勢玄関

 

 

銀座レストラン  サンミ

スクリーンショット 2015-10-27 12.46.04のコピー

接待忘年会 幹事様の心得

この時季、接待を兼ねた忘年会の席も多数ありますが、ビジネスでとても大切な接待を成功させるには、事前準備と当日の心配り、気遣いがポイント。その心得は・・・・・・

Continue reading